海外出張の心構えについて

長期の海外出張というと、だいたいは1年以上の期間を指しますが、長期の海外出張で現地に滞在するときは生活コストを気にする必要があります。

さすがにホテルを借りるわけにはいかないので、賃貸アパートを借りるのが一般的でしょう。

もちろん会社が借りてくれるのであればそれに越したことはありません。

賃貸アパートでも、1人で過ごすなら、予め家具や家電が備え付けられた物件がベストですね。

だって、毎日外食するわけにもいかないですし、コインランドリーに週に2,3回通うというのも・・・。

洗濯や食事づくりは自分でしなければいけませんが、自宅のように落ち着いてくつろげる場所というのは人間にとって必ず必要だと思います。

ちなみに、長期で海外出張するときには、飛行機が現地で大幅に遅れたりすることやキャンセルされたりすることもあります。

飛行機会社によっては、無料の食事券を配ったり、ホテルに泊めてくれたりすることもあるようですが、あまり期待はできません。

特に、こういった補償は今流行りのLCCでは期待しないほうがいいでしょう。

長期の海外出張で必要なものの一つは、現地の通貨で決済ができるクレジットカードを作ることです。

いずれにしても、はじめて海外出張に行く際には、慣れないことも多く、不安も大きいでしょう。

いろいろと困ることもでてきます。

たとえば、荷物が多すぎてしまったり・・・。

旅行に慣れている人の場合は、ミニマルというか、必要最低限の荷物しか持たないで出かけるようです。

パスポート、現金、貴重品、スマホやパソコンなどの他、1週間程度の海外出張なら、下着は3日分も持っていけば現地で洗濯すれば間に合います。

その他、常備薬などですね。

これらをあらかじめ、まとめておいて機内持ち込みにしてしまえば、空港でも時間の節約になりますからね。

飛行機を降りたあとでも、スーツケースを待たなくて済みますし、ビジネスマンにとっては何よりも時間の節約になります。

このように、短期の海外出張なら、荷物も最低限にして身軽にしておくといいでしょう。

また、時差がある場合には、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

https://mobilewifi.xyz/